1. 不思議な手品のように歌詞

「不思議な手品のように」の歌詞 新田恵利

2003/7/16 リリース
作詞
秋元康
作曲
後藤次利
文字サイズ
よみがな
hidden
ふいに名前なまえばれて いたら
わってないむかしかれ
去年きょねん17回目かいめ誕生日たんじょうび
キスしたひとみつめてた
これからどこへくの?
2人ふたりこえ偶然ぐうぜん かさなった

まるで 不思議ふしぎ手品てじなのように
ときもどって
あのころこいが ときめく
まるで 不思議ふしぎ手品てじなのように
ときもどって
はじめてったみたい いま

バスをりる人達ひとたちまぎれそうな
たがいのハートをめて…
恋人こいびとできた″なんて
きたいくせにけない 2人ふたりなの
だから 不思議ふしぎ手品てじなのように
なにわずに
あきらめたゆめを もういちど
だから 不思議ふしぎ手品てじなのように
なにわずに
つないで あかいとを…

まるで 不思議ふしぎ手品てじなのように
ときもどって
あのころこいが ときめく
まるで 不思議ふしぎ手品てじなのように
ときもどって
はじめてったみたい いま

おもぎんのスプーンで
こいのロマンスに そっと えさせて