1. 歌詞検索UtaTen
  2. 日食なつこ
  3. 開拓者歌詞

「開拓者」の歌詞 日食なつこ

2010/7/15 リリース
作詞
日食なつこ
作曲
日食なつこ
文字サイズ
よみがな
hidden
一般的いっぱんてき普通ふつう1分いっぷんある距離きょり
3ふん4ふんかけてあるいてくひとがいる
1すたびにその意味いみかんがえる
ちゃんと確認かくにんしてからじゃなきゃ
すすめなくておそくなる

なにかんがえない日々ひび
いくらもろうがほしまばたきほど
哲学てつがくさぐるんじゃない
りの真理しんりからなに見出みだ

いずれあたしもんでいく
かたはきっとえらべない
ならばかたえらびましょう
前例ぜんれいがないような奇抜きばつなのを

だれ真似まねできない
これが最強さいきょうかた

専門的せんもんてきにのめりめばのめりむほど
一般的いっぱんてき普遍性ふへんせい気付きづけなくなってゆく

すべかんがえすぎるから
いくらすすもうが景色けしきわらない
大事だいじなものとそうじゃないもの
いまはごちゃぜで区別くべつはしないの

くちまえにまずうごいた
理由りゆうはあとからかんがえた
既存きそん運命うんめいがあるのなら
それをこわしてみちひら

隙間すきまという隙間すきま可能性かのうせいてる開拓者かいたくしゃ

いずれあたしもんでいく
それが明日あしたかもからない
だからかたえらぶのだ
前例ぜんれいがないような奇抜きばつなのを

ひといかっていてわらって
いろんないろしてきていく
所々ところどころよごれたくろ
なみだにじませたにが記憶きおく

いつかかさねて青空あおぞらつぶすのさ