1. 歌詞検索UtaTen
  2. 時速36km
  3. 七月七日通り歌詞

2018.11.7 リリース

「七月七日通り」の歌詞 時速36km

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
三三七拍子さんさんななびょうし 日々ひびかえしていく
ランダムのフリして予定よてい調和ちょうわ辿たどってる
うそくさいラブソング リアルっぽいプロテストソング
どっちもどっちいま大衆たいしゅう隙間すきまながれるだけ

むね高鳴たかなりはたしかにいまだってあんのさそれにぼけていられた青春せいしゅん シラフじゃけきれないいま
あこがれはとき無力感むりょくかんけんだ それすらもヒロイックな妄想もうそう材料ざいりょうけるけど
かなしみたたえてちひしがれてでもなんとかやってるふう」をだれもがよそおうだけ

なんかちがうからかなしいしむなしいし
それだけがぐずぐずのこ
りし残像ざんぞうがまだ
何処どこへだってけるとわらってる

安泰あんたいうえ停滞ていたいなかぼくらあっとにぬるっとここまでそだってさ
なにかんないや かんないもんだから
なにかをうったえることさえも躊躇ちゅうちょしてしまう
代弁者だいべんしゃがいて大声おおごえがあって
ぼくらのこえ内臓ないぞうでぐるぐるとまわってる
でかいおとじゃなきゃ、もっとでかいこえじゃなきゃ
電源でんげん増幅ぞうふく 無理むりやりにのうらせ

深夜しんや妄想もうそう特有とくゆう全能ぜんのうかん劣等感れっとうかんわだかまるかん
らしがにじ月光げっこう ゆらゆらとまちしている

しちがつなのかどおり/じそくさんじゅうろっきろ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:七月七日通り 歌手:時速36km

リンクコード:

ブログ用リンク: