1. 歌詞検索UtaTen
  2. 木山裕策
  3. 桜並木歌詞

「桜並木」の歌詞 木山裕策

2009/2/11 リリース
作詞
多胡邦夫
作曲
多胡邦夫
文字サイズ
よみがな
hidden
さくら並木道なみきみちあるくそのたびおもされる
あれからぼくかぞかぞえて何時いつ大人おとなになったのだろう

ひとながされひとあいささえられきるという意味いみりました

何度なんど何度なんどかえ不安ふあんそうなかおしてアナタの両手りょうてはなしたあの
きっと何度なんど何度なんどかえちいさくなったをとって
あるるのでしょう 桜並木さくらなみき

いまおもえば心配しんぱいばかりかけてきたようなあお道程みちのり
アナタにとってむねれるような場所ばしょぼくってますか?

出逢であいとわかいくつもの場面ばめんがありきるといういたみもりました

何度なんど何度なんどまよったり無闇むやみきずついてかなしみにくずれそうなときでも
ずっと何度なんど何度なんどっていた「おもいやり」はわすれずに
きてたこのむねあいほこっています

あわいピンクのうつくしいはなびらがひらひらといまちていく

何度なんど何度なんどかえ不安ふあんそうなかおしてアナタの両手りょうてはなしたあの
きっと何度なんど何度なんどかえしアナタのあいとうとさととも
あるいています 桜並木さくらなみき