1. 歌詞検索UtaTen
  2. 木村友衛
  3. 父娘鷹歌詞

2019.5.8 リリース

「父娘鷹」の歌詞 木村友衛

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
この一番いちばんかなしいことはおやとのわかれではないでしょうか
かえれないけれど もう一度いちどむかしもどりたいとおもときがあります
どんなにまずしくてもむかしほうがあったかさがありました

かぜぶえ ひしよる
ゆきのふるさと 越後えちごこい
土産みやげばなしは いつのできる
んでかえって びたいけれど
父親おや故郷こきょう
父親おや故郷こきょうはかなか

ちちをひき 山道やまみちえて
何度なんどとおった むらからむら
いて一節ひとふし わらってふし
とおなみだおさな日々ひび
いまはなつかし
いまはなつかし あかねぞら

えないなかちちはどんなゆめていたのでしょうか
あま黒豆くろまめしあわせそうにんでいました
あのころ日本中にほんじゅうまずしい時代じだいでした

まぶたとじれば 越後えちごうみ
根性こんじょうなしだと わたししか
演歌うた浪曲ろうきょく 荒海あらうみ仕込じこ
ふたりそろって 舞台ぶたいった
ゆめいのち
ゆめいのち父娘おやこだか

おやこだか/きむらともえ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:父娘鷹 歌手:木村友衛

リンクコード:

ブログ用リンク: