1. 歌詞検索UtaTen
  2. 杉良太郎
  3. 北からの手紙歌詞

「北からの手紙」の歌詞 杉良太郎

2009/12/16 リリース
作詞
なかにし礼
作曲
弦哲也
文字サイズ
よみがな
hidden
あいしながらも いだせず
かれながらも がつかず
わかれて 一年いちねん たったのか
水色みずいろ封筒ふうとう
まえ名前なまえは ひとり
いにきたい んできたいよ
きたのふるさと さかのあるまち

他人ひとしあわせ こわすまい
おれえたら いいんだと
あきらめかけてた おとこごい
便箋びんせんを ひろげれば
あいしていますと いてある
まえむかえに んできたいよ
きたのふるさと さびれた波止場はとば

都会とかいぐらしは つらかろう
いっそ田舎いなかきようか
どこでも いいのさ 二人ふたりなら
このあとの人生じんせい
おまかせしますと 手紙てがみ
いにきたい いてやりたいよ
きたのふるさと 海峡かいきょうこえて