1. 望郷の唄歌詞

「望郷の唄」の歌詞 杉良太郎

1990/1/21 リリース
作詞
もず唱平
作曲
藤原蔵人
文字サイズ
よみがな
hidden
まだめぬ 山河さんがかい
ただひとりって
わかれの挨拶あいさつをした

やまのもみの
いま廃屋はいおくとうげ茶屋ちゃや
夜明よあとりたちとりたち

もう二度にどうことはないけれど
なさけあるならば はは行末ゆくすえ 見守みまもってしい
ああおとこ二十歳はたち門出かどでおも愛惜あいせきゆめ

ふるさとをてて たのはなに
このむねいたとて
こたえがるはずもない

さんざめくちまた
どこへはしるのか夜汽車よぎしゃ汽笛きてき
ものいわぬ ほしたちほしたち

一杯いっぱいさけれて
おのれ見失みうしなのぞわすれたこのわれあざわら
ああ三十路みそじぎてから なみだった人生じんせいあじ

ふゆには野辺のべみどりせる
歳月さいげつあらがえず
ものみないてくのか

他国たこくらぬまま
はは身罷みまか御無沙汰ごぶさた
びの便たよりとて とどかない とどかない

つらくてもかえろうか もう一度いちど
今日きょうきること そして明日あしたかんがえてみたい
ああつのるさとごころ たくしてうた望郷ぼうきょううた