1. ある休日に…歌詞

「ある休日に…」の歌詞 松阪晶子

1995/4/8 リリース
作詞
松阪晶子
作曲
松阪晶子
文字サイズ
よみがな
hidden
夕方ゆうがたちかくに物客ものきゃくなかにまぎれて
カゴのなか一杯いっぱいけじと 野菜やさいんだ

ひさしぶりの休日きゅうじつは しばらくってない友達ともだち
んですこおそくなるけど ゆうごはんをべよう

あいにくのくもぞら はちきれんばかりのふくろ
りょう手一杯ていっぱいかかえてると 突然とつぜん夕立ゆうだち

溜息ためいきひとつついたら たびにおまけのはなをくれる
ねえさんがわたしてくれた 一本いっぽんかさ

たまにはいいことがあるもんだねと
おもわず微笑ほほえみこぼれてそらへとかさをひろげた
みせいえかうみち
ひるよる交差こうさするそら
一人ひとりつめて あるした

自分じぶんのするべきこと一体いったいどれなんだろうと
かんがえながらごしている あのわたしもそう

しんじてあるいてたみち突然とつぜん
うそえるときがいつかるかもしれないけど
不安ふあんとなりにいるもあるけれど
そこから一歩いっぽ勇気ゆうき
いつでも わたしっていたい

もうすぐ友達ともだちがやってなにからはなそうかな
つたえることが一杯いっぱい すこしドキドキする瞬間しゅんかん

それもほんのつかのけばいつもと
わらないおな空気くうきつつんでくから
ベルのおとっていそいでドアける
相変あいかわらずの一言ひとことって
おそめのゆうごはんがはじまる