1. 歌詞検索UtaTen
  2. 柴田淳
  3. 両片想い歌詞

「両片想い」の歌詞 柴田淳

2017/9/20 リリース
作詞
柴田淳
作曲
柴田淳
文字サイズ
よみがな
hidden
もう出逢であいなんて
おとずれないと おもってたら
わたしおなじように
ためいきついて あなたがいたの

沢山たくさんこいが あったのに
いままで一人ひとりでいたのは
全部ぜんぶね あなたに出逢であためだったのかな かなって


きっとこれが最後さいごこい
おもっていたのに
またそら見上みあげて
だれかとあゆ未来みらい
えてゆくのを
てる

きっとこれが最後さいごこい
おもっていたのは
わたしだけじゃないはず
すこ夢見ゆめみてたのかな
なみだあふれて まらない


かいのせきには
かばんとコート すわってる
見慣みなれた風景ふうけい
もどっただけよ いつものことよ

わかっているのは
これ以上いじょう きずつくことはえられない
ここまでれたのなら
きてけるわ
一人ひとり

きっとこれが最後さいごこい
おもっていたのに
またしにもどって
何故なぜいつもこうなるかな?
わたしらしいっちゃ らしいね

きっとこれが最後さいごこい
おもっていたのは
わたしだけじゃないはず
とおくなる未来みらい
大丈夫だいじょうぶかな
もう一人ひとり


大人おとなになったら
こい上手うまくなれるとおもった
はなびらでしろみちささやくの
うつむかないで…


きっとこれが最後さいごこい
おもっていたのに
またそら見上みあげて
二人ふたりあこがれた季節きせつ
ちが場所ばしょから てる

きっとこれが最後さいごこい
おもっていたのは
わたしだけじゃないはず
あなたとあるきたかった
桜並木さくらなみき彼方かなたまで