1. 歌詞検索UtaTen
  2. 柿原徹也
  3. 飛行機雲歌詞

「飛行機雲」の歌詞 柿原徹也

2015/10/28 リリース
作詞
渡辺拓也
作曲
渡辺拓也
文字サイズ
よみがな
hidden
言葉ことばにも出来できやしないくらい 退屈たいくつ日々ひびごしていた
物足ものたりない もうりなくて ぼくにはなに物足ものたりなくて
出会であいとわかかえすたび 孤独感こどくかんとらわれていた
もう何度なんど あきらめたんだろう どれくらいきずつけあっただろう

Wow 水平線すいへいせん Wow 指差ゆびさ

大切たいせつひと言葉ことばとか いがみったひと言葉ことばとか
雄弁ゆうべん偽善者達ぎぜんしゃたちとか ぼくこころまどわせていた
いやんなるほど いたんだこころ いやしてくれる場所ばしょがあるなら
あの日見ひみそらあおさに 最後さいごのぞみをたくしているんだ

あのくもさき 旅立たびたぼくあたらしい場所ばしょかう 飛行機雲ひこうきぐも
このそらえてしまうまで 指差ゆびさした方角ほうがくすすんで

Wow 水平線すいへいせん Wow 指差ゆびさ

よるえたゆめのカケラたち あさになればわすられて
何万回見なんまんかいみていたはずの ゆめゆめ 日々消ひびきっていく
無関心むかんしんなほど 無関係むかんけいになり 無理むりしてわらうこともないけど
朝焼あさやけが綺麗きれいだったから 最後さいごのぞみはまだそこにあるんだろう

とおくのかぜかんじたならば どこまでもんでける 飛行機雲ひこうきぐも
かなしみすべれてくから 指差ゆびさした方角ほうがくすすんでいく

世界中せかいじゅうなみだながちて つち雨雲あまぐもになり
そのなみだあめが またそそいだ
やさしさだけじゃ もうなにまもりきれない

あのくもさき 旅立たびたぼくあたらしい場所ばしょかう 飛行機雲ひこうきぐも
このそらえてしまうまで 指差ゆびさした方角ほうがくすすんで

Shake Hands ここでサヨナラをうよ
Shake Hands かなしみから旅立たびたつよ
Shake Hands ここでサヨナラをうよ
Shake Hands あたらしい場所ばしょ旅立たびたつよ

Wow 水平線すいへいせん Wow 指差ゆびさ