1. 歌詞検索UtaTen
  2. 桑島法子
  3. 陽炎~摩利支天女歌詞

「陽炎~摩利支天女」の歌詞 桑島法子

2001/12/12 リリース
作詞
北川恵子
作曲
服部克久
文字サイズ
よみがな
hidden
ちぎれたそらに かざすてのひら
まっすぐにつめていた とお陽炎かげろう
いつかしんじた ひとこころ
おもきしめても さびしさはつのるよ

たぐりよせてもえない あなたのこころえない
ひとのおもいはいつでも ながれるかぜなの
見上みあげるそら何色なにいろ? 一番星いちばんぼしはどこなの?
わたしのゆめはいつでも まよみち

かぜんでいる
あかはな一輪いちりん
めぐえるまで

茜色あかねいろさす 窓辺まどべにひとり
金色きんいろひかりのなか ゆれていた陽炎かげろう
なにらずに きてゆくのは
だれよりもあなたのこと きだからできない

かなしみえてきろと つよくわたしをいたわ
ひとねがいをかなえる 情熱じょうねつのなかで
つめつづけるひとみはしりつづけるおもいと
わたしの身体からだいつの えつきる?

かぜいているのか?
ふかやみのなか
なみだ れるまで

あかゆめのなか
こころ おどらせて
きっと めぐ

いつか 辿たど
とおとき
あお月明つきあかり

かぜんでいる