1. 歌詞検索UtaTen
  2. 梶原朔(桑島法子)
  3. 馬酔木の花幻想歌詞

「馬酔木の花幻想」の歌詞 梶原朔(桑島法子)

2005/6/29 リリース
作詞
氷室明子
作曲
高井ウララ
文字サイズ
よみがな
hidden
どうして突然とつぜん えてしまったの
かみをなでるの ぬくもりもうす

やみだけしか つくせない
ついたちつき
いまわたしおなじなの

馬酔木あせびはな一房ひとふさ たお
ゆらゆららし つめてる
あまかおりの 眩暈めまいさそ
幻想まぼろしでいい いたいの

自分じぶんきしめ よるにふるえてる
なみだしずくさびしさをむね

またちると しんじられない
ついたちつき
こい行方ゆくえかさなるの

馬酔木あせびはな一房ひとふさ たお
さやさやらし じる
どこにいるのと びかけるけど
静寂せいじゃくだけが こえてる

…あなたがいないわたしむねかなしみだけがとおっていく
あなたのほかは はいれないよう
こころをそっと こおらせて…

馬酔木あせびはなかぜもないのに
ゆらゆられて いている
あなたにもしも えるのならば
幻想まぼろしでいい かえってきて