1. 爪歌詞

「爪」の歌詞 森田公一とトップギャラン

1998/8/21 リリース
作詞
阿久悠
作曲
森田公一
文字サイズ
よみがな
hidden
いつのにかあかつめなってしまった
そうかあの都会とかいで3ねんになる
かぜいろちがうなんてってたけれど
いますこしもにせずあるいているよ
故郷こきょうなど最初さいしょからなかったみたいに
まぶしいくらいに綺麗きれいなあの
ざらざらした都会とかい夕陽ゆうひりそそぐ
さびしさをかんじてはいけないのかもしれない

煙草たばこったあかつめがおどっているよ
おないろしたくちびる はしゃいでしゃべる
かわにうつるまちあかり じっとつめて
ひさしぶりねと からだをすりせて
故郷こきょうなど最初さいしょからなかったみたいに
まぶしいくらいに綺麗きれいなあの
なまめかしい都会とかい日暮ひぐれがおりて
おもをたぐってはいけないのかもしれない

おもをたぐってはいけないのかもしれない