1. 過ぎてしまえば歌詞

「過ぎてしまえば」の歌詞 森田公一とトップギャラン

1998/8/21 リリース
作詞
阿久悠
作曲
森田公一
文字サイズ
よみがな
hidden
うつくしくもなく ゆたかでもなく
楽天家らくてんかでもなく さりとてぐれてしまうほど
おろかしくもなく
このままでいいわけないと かた林檎りんご
サクサクとかじってた 孤独こどく日々ひび
ぎてしまえばみなうつくしい
ぎてしまえばみなうつくしい

ちてゆめときえがいて
おんなにもおぼれた 不幸ふこうんでいるような
かなしいおんな
こんなことしてちゃ駄目だめ背中合せなかあわせの
涙声なみだごえきながら まよった日々ひび
ぎてしまえばみなうつくしい
ぎてしまえばみなうつくしい

青春せいしゅんひかり いつもとおくて かげばかりちかいと
ときにはやけをこしたり きずつけったり
これもまたわかさのせいと かぜかれて
あてもなくあるいてた さびしい日々ひび
ぎてしまえばみなうつくしい
ぎてしまえばみなうつくしい

ぎてしまえばみなうつくしい
ぎてしまえばみなうつくしい