1. 歌詞検索UtaTen
  2. 楠瀬誠志郎
  3. 天使の消えた聖夜歌詞

2019.6.26 リリース

「天使の消えた聖夜」の歌詞 楠瀬誠志郎

iTunesで購入
曲名
天使の消えた聖夜
アルバム
僕がどんなに君を好きか、君は知らない
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
メリー・クリスマス
まちにふりそそぐ 粉雪こなゆきをただつめていた
かど公園こうえんではしゃいでる子供こどもたち
ちきれぬ気持きも

街燈がいとうのキャンドルがれて キャンドル
恋人こいびとたちは無口むくちにすぎる
をふせながらぼく
腕時計うでどけいはりすこしもどすふりした

部屋へやをつつんだキャロルさえ
わけもなく心細こころぼそくなる

やがてドアがひらくのってる
パールのピアスがゆめてる
つきひかりいろをじょうずにえる
まるできみのように

メリー・クリスマス だからさ 特別とくべつひと
メリー・クリスマス だけどさ こごえそうなよる

カーテンのすきまからのぞく
あおかぜときいそがせて
去年きょねんぼく気持きもわらないのに
ただきみがいないだけ

メリー・クリスマス だからさ おねがつたえて
メリー・クリスマス だけどさ 夜明よあけがちかいよ

メリー・クリスマス
メリー・クリスマス こんなきだけど

時計とけいはりは もどせても
こころまでもどせないんだね…
こころまでもどせないんだね…

まど天使てんしえた聖夜イヴ

てんしのきえたいヴ/くすのせせいしろう

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:天使の消えた聖夜 歌手:楠瀬誠志郎

リンクコード:

ブログ用リンク: