1. 歌詞検索UtaTen
  2. 楠瀬誠志郎
  3. 星が見えた夜歌詞

2019.6.26 リリース

「星が見えた夜」の歌詞 楠瀬誠志郎

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
星座せいざささやこえこえなくなるくらいに
しそうな そらしたきみしそう

かなしいわけじゃないの」と あわててなみだ ぬぐった
きみの そんな やさしささえ 何故なぜか つらくなるよ

きみ徽笑ほほえみを まもるために まれたのに
いまはぼくさえも 見失みうしないそうで
あせるばかり きずだらけだよ
きたい ホントは……

星座せいざ名前なまえひとつも らない ぼくあきれた
わすれてたよ いそぎて そら見上みあげるのも

きみきだった ぼくをすぐにもどすよ
二度にどかせない 約束やくそくをすれば
ほしかくかなしいくも
ほら いま えたよ

きみ微笑ほほえみを まもるために まれたから
きっとかなえるよ ぼくらしいゆめ
二人ふたりだけの あいをつないだ
星座せいざえるよ

ほしがみえたよる/くすのせせいしろう

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:星が見えた夜 歌手:楠瀬誠志郎

リンクコード:

ブログ用リンク: