1. 歌詞検索UtaTen
  2. 楠瀬誠志郎
  3. 生まれ変われそうな夏歌詞

2019.6.26 リリース

「生まれ変われそうな夏」の歌詞 楠瀬誠志郎

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
ベランダの椅子いす かぜそよぎ
しずかなテラスで うたたねすれば
去年きょねんなつのフォトグラフ
すこしはいろあせる

あきらめもためいきも
このままねむってしまえば
ああらぬまにほし
わってゆくはず

ゲームにはしゃぐひともいない
国道こくどうきっと渋滞じゅうたいしてる
みんなにきみをあわせたこと
いまごろくやんでる

冗談じょうだんもなぐさめも
えた空気くうきければ
FMのニュースも
ここではなんだかとお

そらちかかったなつ
ねむれないでいたなつ
なにかをつけたなつ
もうかえらないねきみ

こおりけておとをたて
あやうくころげてちそうになる
こいにいつでもちがえて
勝手かってかたこりさ

突然とつぜん目覚めざめたら
おだやかすぎてせつない
なにかにふいに
まれかわれそうな午後ごご

もりひかってたなつ
どきどきしてたなつ
かぜえていたなつ
まだゆめみているよぼく

いまごろきみあつ
浜辺はまべのビーナス
Nn… そしてだれかのうでなか

ひとみうるんでたなつ
ふざけすぎていたなつ
わすれられないよきみ
永遠とわかんじたなつ

そらちかかったなつ
ねむれないでいたなつ
なにかをつけたなつ
もうかえらないねきみ

もりひかってたなつ
どきどきしてたなつ
かぜえていたなつ
まだゆめみているよぼく

うまれかわれそうななつ/くすのせせいしろう

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:生まれ変われそうな夏 歌手:楠瀬誠志郎

リンクコード:

ブログ用リンク: