1. 勝利の笑顔歌詞

「勝利の笑顔」の歌詞 槇原敬之

1991/11/10 リリース
作詞
Noriyuki Makihara
作曲
Noriyuki Makihara
文字サイズ
よみがな
hidden
カバンを右手みぎてったまま
たかいフェンスにしがみついた
半分はんぶん バカに するように
ぼくきみていた
だまりのにおいの制服せいふく
けるような 笑顔えがおだったね
はなゆめは ズレていても
おな時間じかんっていた

ぼくなつげるように
ただ電車でんしゃいで
きみなついかけるように
何度なんどくつえた

でもいつか わらうのは ぼくだと
いつか つのは ぼくだとおもっていた
青春せいしゅんしたみちまよって
しゃがみんでしまうこともらずに……

あれから何年なんねんったあと
偶然ぐうぜんまちできみと出会であった
途切とぎれていた 連絡れんらく
きっと ぼくのせいだった
なんとかたのしくやってるよ」
そうきみわらがお
あのグラウンドではしつづけた
少年しょうねんおなじだった

やぶったメモにいた
連絡先れんらくさきをくれたあと
コートにかうイレブンのように
人波ひとなみして

見送みおくりながらかる
いつかおろして ぼくはしろう
勝利しょうり笑顔えがおきみかがやいたけど
クラクションをふええて
はしろう

勝利しょうり笑顔えがおきみかがやいたけど
クラクションをふええて
はしろう