1. 歌詞検索UtaTen
  2. 樋口了一
  3. 桜の森歌詞

2012.11.21 リリース

「桜の森」の歌詞 樋口了一

iTunesで購入
曲名
桜の森
アルバム
了 〜はじまりの風〜
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
わたしまれた ちちえてくれた
ちいさなさくら こごえるふゆあさだった
ゆきをかきしろいきいて
ぼそ苗木なえぎをしっかりと大地だいちたせた

そしてちちそらいのささげた
このがこのとともにすこやかでありますように

ふゆをくぐり満開まんかいはなをつけるように
この人生じんせい希望きぼうはなひらくように

息子むすこまれた わたしえた
ちいさなさくら 初夏しょか陽射ひざしのなかだった
わたしよりもずっとおおきくなった
ちちさくらとなり無邪気むじゃきれていた

そしてわたしちちかたりかけた
あなたがこのめたおもいがいまわかるように

いつか息子むすこあいするだれかをいたとき
このおもなみだながすでしょうか

孫娘まごむすめれて 息子むすこえる
ちいさなさくら いまはる芽吹めぶきのとき
しろ産着うぶぎつつまれたまご
ほおにひとひらりてきたはなびら

薄紅色うすべにいろをしたねむれるきみ
あなたはおしえてくれた いのちとはつながるもの

けた彼女かのじょはうれしそうにわらいかけていた
おおきくえだった 二本にほんさくらほう

いつかわたしはきっとにするだろう
ここに無数むすうさくらもりひろがるさま

そしてくだろう銀河ぎんがのような花吹雪はなふぶきなか
たからかないのちわらないいのち詠唱うた

さくらのもり/ひぐちりょういち

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:桜の森 歌手:樋口了一

リンクコード:

ブログ用リンク: