1. 歌詞検索UtaTen
  2. 欅坂46
  3. 302号室歌詞

「302号室」の歌詞 欅坂46

2018/8/15 リリース
作詞
秋元康
作曲
小田切大
文字サイズ
よみがな
hidden
引越ひっこしのトラックが
きみ指示しじした荷物にもつはこされて
ぼくすみっこでながめてるしかなかったよ

それなりに二年にねんかんおもくらいは
どこかにあるだろうけど
そんなあっさりと片付かたづけられるとせつない

だけどどっちがいけなかったか
だれ審判しんぱんできない
金属きんぞく疲労ひろうみたいに
こいだってわるんだ

そこにあったきみのベッドのかたち
ジュータンがけていた
あのころなにわらないものなんて
ぼくたちにはあるだろうか?
(さよならだ)
部屋へや合鍵あいかぎ かえさなくていい

風船ふうせんガム ふくらませてれてしまうまで
退屈たいくつそうだったけど
きみ色々いろいろかんがえてたかもしれない

だってホントはつよがりって
なみだ こたえてたんだろう
やっぱりうそだよなんて
たがいにえないし…

部屋へやきゅうひろおもえてしまった
うしなったものにづかされる
日常にちじょうはいつもたりまえ
あいというゆめ自惚うぬぼれる
(まぼろしだ)
きみ合鍵あいかぎ どこかにてて

もしきみがこの部屋へやに(この部屋へやに)
たくなったら
どんなときもドアがくように
かぎなんかかけない

そこにあったきみのベッドのかたち
ジュータンがけていた
あのころなにわらないものなんて
ぼくたちにはあるだろうか?
(さよならだ)
部屋へや合鍵あいかぎ かえさなくていい

歌唱メンバー 小林由依、土生瑞穂