1. 歌詞検索UtaTen
  2. 永井裕子
  3. 山鳩の啼く町歌詞

2006.10.4 リリース

「山鳩の啼く町」の歌詞 永井裕子

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
屋根やね山鳩やまばと突然とつぜんきやんで
もしやと身支度みじたくをすれば またはとよ…
こんな夜更よふけの ひとり芝居しばい
まくいたさも もうれて
かえるのですか かえらないのですか
秋桜こすもす まばゆい このまち
一年いちねんのはずが 三年さんねん
わたしは かぞえて ちました

少年しょうねん眼差まなざしで あなたがゆめ
わかってあげたくて ひとり おくったえきよ…
はは見合みあばなし
写真しゃしんつかず じたまま
ばかなですね 不孝ふこうばかりですね
もらった おんさえ かえせずに
鉄橋てっきょうあいもどるまで
わたしは 運命さだめめました

まよんだか あかいとんぼよ
まどからはなせば 星月夜ほしづきよ
かえるのですか かえらないのですか
都会とかい地球ちきゅううらだから
一年いちねんのはずが いつまでも
わたしは そのつでしょう

やまばとのなくまち/ながいゆうこ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:山鳩の啼く町 歌手:永井裕子

リンクコード:

ブログ用リンク: