1. 歌詞検索UtaTen
  2. 浜田麻里
  3. Indian Summer歌詞

1996.3.11 リリース

「Indian Summer」の歌詞 浜田麻里

作詞
Mari Hamada
作曲
Mari Hamada,Yohichi Fujii
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
はるうたびとすこしあたためるころ
早足はやあしすぎた わかすぎた こいがひとつしぼんだ
きてることは どうしてこんなにもろく
はかないのだろう?
やがてめぐった季節きせつのように
あらしゆるせばよかった

てしなくつづそらこころかさねてみる
おもくのしかかるくもが いつかながされたら
やさしくなれた日々ひびおもしたい

むねいっぱいのこころ地図ちずあいつからぬまま
出逢であったころゆめみちまよってえた
明日あしたというがためにさよならを
はこんでくるの?

はじまりもわりもない
永遠えいえんしんじていたいのに

ふゆ青空あおぞらのような だれかに出会であいたい
こごえたこころをすべて そらかしたなら
いまよりもずっと 自分じぶんきになりたい

もないはなのように だれかをあいしたい
最後さいごふゆあめたれて だまりのはる
ちいさくいきづいてる はなになりたい
Indian Summer Day
Indian Summer Day

Indian Summer/はまだまり

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:Indian Summer 歌手:浜田麻里

リンクコード:

ブログ用リンク: