1. 歌詞検索UtaTen
  2. 浪川大輔
  3. 夜咲きの勿忘草歌詞

「夜咲きの勿忘草」の歌詞 浪川大輔

2017/5/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
雨垂あまだれ ふとそら見上みあ
ぽつりのひらにちるおも
だれためながしたなみだ
嗚呼ああ 記憶きおくはる彼方かなたおよいだ

つのつのらせた感情かんじょう
春夏秋冬ひととせかぞえてちわびた
いつのにか またえるのならばと
そっと期待きたいむね

月明つきあかりよかなうのならば
貴女あなたのもとへ辿たどけるよう
一途いちずおもいのよに
どこまでもびておくれ
ほし隙間すきまはしあまかぜ
ぐもおもばせ
貴女あなたへととどくそのとき
いまも夢見ゆめみてるから

はし いた場面ばめん
さびしい情景じょうけいばかりかんで
きみためながしたなみだなら
嗚呼ああ もうかぞえきれないほどになるだろう

なが月日つきひまわおもいは
ごとにせつなさをしてく
どうしたらいい?いかけたとして
こたえるこえかえってこない

よるうみへこぼしたしずく
たゆたうなみはさざめきながら
わずかないのりのかよ
ってしまうんだろう
宵闇よいやみなかただ一人ひとりきり
ただ、ぬくもりもと彷徨さまよ
いっそわすれてしまえたなら
やみれるだろうか

なつかしきうた
ねがいをせてわした
とおき、かの場所ばしょへと
花言葉はなことばおく

夜空よぞらおど星屑ほしくず
どうかやさしくみちびいてくれ
一途いちずおもいがけぬように
いつまでもかがやいてくれ
ほし隙間すきまはしあまかぜ
ぐもおもばせ
貴女あなたへととどくそのとき
いまも夢見ゆめみてるから