1. 歌詞検索UtaTen
  2. 浪川大輔
  3. 恋花火歌詞

「恋花火」の歌詞 浪川大輔

2017/5/24 リリース
作詞
渡辺翔
作曲
渡辺翔
文字サイズ
よみがな
hidden
れるはなさきひらいた
ぼくおもいはこのまま
つたえられなくて今宵こよい

きみとなりすわればひとみうつ横顔よこがお
ときながわすれそうではなれられない

あたりはなつかぜふわりそよいで
今日きょうだけ今日きょうだけと
つききみにぎった

がるこい花火はなび
ねがいをたくぼくひとみじた
おとわせつぶやくようにきみった「ずっときでした」
ちるこい花火はなび
よるえてもむねおくひびいてた
この感覚かんかくされるようにおもいはひろがる

多分たぶん」をかかえここまで
見過みすごしてきたこわくて
すべえばうたかたの季節きせつわる

人影ひとかげ夏草なつくさふわりかおった
れずにつよくあるこころきみいたい

りやまぬ蝉時雨せみしぐれ
とどかないほどぼく言葉ことばえらんだ
その刹那せつなごとみじかときった「わらずるもの」
さわがしい蝉時雨せみしぐれ
りゆくころむねのつかえもれて
この感覚かんかくにじませないようにおもいをつなげよう

月明つきあかりにらされ二人ふたりかた
わせばほらかれていた

がるこい花火はなび
ねがいをたくぼくひとみじた
おとわせつぶやようきみった「ずっときでした」
ちるこい花火はなび
よるえてもむねおくひびいてた
この感覚かんかくされるようにおもいはひろがる
こい花火はなびのように