1. 歌詞検索UtaTen
  2. 渥美清
  3. すかんぽの唄歌詞

1996.11.21 リリース

「すかんぽの唄」の歌詞 渥美清

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
ちぎるとスポンとおとがして
あおにおいがのこ
すかんぽめばおもいでかえ
むねいたみにがついた
あれはおいらのあれはおいらの十九じゅうくはる

利根川とねがわづつみこしかけて
みず小石こいしげたころ
すかんぽめばかんでくるよ
おさななじみの由美ゆみちゃんが
よめにゆくよめにゆく花嫁姿はなよめすがた

由美ゆみちゃんおぼえているかい
いつも二人ふたりきりでわせてさ
はる小川おがわうたったあの河原かわらみちのこと
いつか由美ゆみちゃんがきゅう
「あたしおしっこしたくなっちゃった」
ってってさ「きよちゃんあそこでみはってて」
なんておれわれて
おれどっちむいていいかわかんなくてさ
いっしょうけんめいをそむけてさ……
すかんぽのばっかりちぎっていたっけ
見上みあげたそらにはしろいちぎれぐもがぽっかり
かんでてまだまだみずのきれいな
故郷ふるさとだったんだよね

ちぎるとスポンとおとがする
それがおいらのこいだった
すかんぽめばまぶたがぬれる
もっといいがいるんだと
いつも自分じぶんをいつも自分じぶんなぐさめたっけ

すかんぽのうた/あつみきよし

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:すかんぽの唄 歌手:渥美清

リンクコード:

ブログ用リンク: