1. 歌詞検索UtaTen
  2. 滴草由実
  3. キミと夏歌詞

2009.8.19 リリース

「キミと夏」の歌詞 滴草由実

作詞
Yumi Shizukusa
作曲
Mineaki Kawahara
iTunesで購入
曲名
キミと夏
アルバム
ENDLESS SUMMER - EP
金額
¥150
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
うわそらけたかお さそいだせとせみがうたうよ
バイトがえりにうみこうか なんならこのままして

きみなぎさへいこう ペダルぐスピードがしていく

太陽たいようけないくらい キラメク笑顔えがおさがしにこう
まよいなんか青空あおぞらばせ こいはじまる

すなしろなみにとけてく 素足すあし歩幅ほはばえば
今年ことし最後さいご線香花火せんこうはなび れるはだがくすぐったいよ

こんなにきみつめても きみぼくをかすめるだけ

太陽たいようよりもがれてるよ このチャンスをしんじてみたい
くよくよするくらいならんだほうが ねぇ いいんじゃない?

tatatatatala… ぐるしいよるきみのせい
tatatatatala… なつよりもむねおどるんだ

太陽たいようけないくらい キラメク笑顔えがおさがしにこう
まよいなんか青空あおぞらばせ

太陽たいようよりもがれてるよ このチャンスをしんじてみたい
くよくよするくらいならんだほうが ねぇ いいんじゃない?

きみとなつ/しずくさゆみ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:キミと夏 歌手:滴草由実

リンクコード:

ブログ用リンク: