1. 太陽の町から歌詞

「太陽の町から」の歌詞 瀬戸朝香

1995/12/6 リリース
作詞
上田知華
作曲
上田知華
文字サイズ
よみがな
hidden
街中まちじゅうあかりが きれいにえるよる
どこかとお電車でんしゃ
もうきっと今頃いまごろ つかれてねむったよね
はなれてても いちばんちかひと

太陽たいようそそ
坂道さかみちのそのまち
わけもなくわらったおもすたび

ずいぶんといては 電話でんわかけたあのころ
すこつよくなれたよいまは...

ここへもない 不安ふあんだらけのあの
なが手紙てがみ ほんとにありがとう

れることもなく
そばにいる それだけで
えていたこころ
いつだって

やさしくてつよくて どんなにえなくても
つめていて ずっとそのまま...
そのまま...