1. 歌詞検索UtaTen
  2. 牧村三枝子
  3. 一ぱいのお酒歌詞

「一ぱいのお酒」の歌詞 牧村三枝子

1996/9/26 リリース
作詞
千家和也
作曲
馬飼野俊一
文字サイズ
よみがな
hidden
最初さいしょいっぱいは わたしにつがせて
あなたをだれかに られないうちに
さけたのしさを ふりまくひとだから
グラスのまわりに だまりができる

すこしでいいの こころすみ
わたしあいまわせといて
かたほうので なにげなく
わたしかげいかけて
最初さいしょいっぱいは わたしにのませて

しんじてちわびた ごほうびのように

最初さいしょいっぱいは わたしにかえして
あなたの名残なごりひとめしたい
さけのせつなさを ってるひとだから
かくれてひそかに きずついているわ

いつでもいいの いたとき
わたしあいを たしかめにきて
かたほうので くりかえし
わたしまゆれてみて
最後さいごいっぱいは わたしにのませて
やさしいおやすみの くちづけがわりに

すこしでいいの こころすみ
わたしあいまわせといて
かたほうので なにげなく
わたしかげいかけて
最初さいしょいっぱいは わたしにのませて

しんじてちわびた ごほうびのように