1. 歌詞検索UtaTen
  2. 生稲晃子
  3. 忘れたいのに歌詞

「忘れたいのに」の歌詞 生稲晃子

2007/8/17 リリース
作詞
白峰美津子
作曲
国安わたる
文字サイズ
よみがな
hidden
いつかえなくなる
るとおもった
あたたかいまなざしに
つつまれたとき

とおりすがりの庭先にわさき
かおるモクセイ
打水うちみずおとなか
りそって見上みあげた

茜色あかねいろはなしずく
なにわず かみらした

夕映ゆうばえに かれながら
さきにさよならげた
貴方あなたから「ごめん」なんて
ってほしくはないから

はなれたら つづかないと
そっとひとみじた
つよがりな わたしだけど
いつかさびしくなるから
しかたないね わらったあの

だれらないなみだ
ときしても
すこしだけ やさしさに
あまえたいよるなの

とういろきりのとばりが
かざまどえて こぼれる

夕映ゆうばえに かれながら
二人ふたりはなしたゆめ
なつかしくおもうくらい
べつわたしになりたい

おもなかにつもる
あお時間じかんのかけら
いただけ つよくなれる
それはうそではないけど
こわれそうな こころひとひら

夕映ゆうばえに かれながら
二人ふたりはなしたゆめ
なつかしくおもうくらい
べつわたしになりたい

おもなかにつもる
あお時間じかんのかけら
かがやきがいろあせても
かなしみはえないのね
みんな みんな わすれたいのに