1. 星座を胸につけた夜歌詞

「星座を胸につけた夜」の歌詞 田村英里子

1994/8/24 リリース
作詞
麻生圭子
作曲
Mark Davis
文字サイズ
よみがな
hidden
昼間ひるまあらしあらってくれたなつ
みがいた星屑ほしくず夜空よぞらでまたたく

もうゆるしてもいいの 自然しぜんもどるの
笑顔えがおがいちばんらくだから

ほら、わたしの星座せいざ むねかざろう
やさしくおおらかな やぎひとみ
恋人こいびとをやめても 友達ともだちでいる
あたらしい季節きせつまぎんだら える

避暑地ひしょちかけた 合宿がっしゅくのはずなのに
らないだれかとかたならべてた

あなたがうそをついた それがかなしくて
さそいの電話でんわもそのままに

ほら、自慢じまん星座せいざ むねかざろう
きずつきやすいけど けないひとみ
恋人こいびとをやめても 友達ともだちだから
これからもノートは してあげるよ ずっと

ほら、わたしの星座せいざ むねかざろう
すずしい夏休なつやす今夜こんやわる
ひとのつながりって 永遠えいえんだから
瞬間しゅんかんなみだで こわしたくない ずっと