1. 歌詞検索UtaTen
  2. 石野真子
  3. 彩りの季節歌詞

「彩りの季節」の歌詞 石野真子

2005/9/22 リリース
作詞
有馬三恵子
作曲
川口真
文字サイズ
よみがな
hidden
だから さよなら さよなら 哀愁あいしゅう季節きせつ
いつもだれかを だれかをかんじてたけど
いまはゆらゆら ゆらゆら このむねおど
わたし おもいのままえたいの

どちらからとなく 日暮ひぐれをえら
どちらからとなく だまってある
あんなはしゃいでた 二人ふたりのくせに
すべてがごろ ちがうのよ
かぜの ひそやかさがわかる
こいをする むなさわぎがわかる

だから さよなら さよなら 哀愁あいしゅう季節きせつ
いつもだれかを だれかをかんじてたけど
いまはゆらゆら ゆらゆら このむねおど
わたし おもいのままえたいの

あんなさりげなく ならべたかた
あるぎこちなく はなしてせて
いつかなかを みつめる二人ふたり
なにかが今日きょうからかわるのよ
いまひらはないろがわかる
あいしあう ときめきまでわかる

だから大好だいす大好だいすきていることは
あいをどこかで どこかで つむいでいるの
ひとり きらきら きらきら あなたへとゆれる
わたし おもいのままえたいの