1. 歌詞検索UtaTen
  2. 研究生(NMB48)
  3. 太陽が坂道を昇る頃歌詞

2016.12.28 リリース

「太陽が坂道を昇る頃」の歌詞 研究生(NMB48)

作詞
秋元康
作曲
川島有真
iTunesで購入
曲名
太陽が坂道を昇る頃/研究生
アルバム
僕以外の誰か (劇場盤) - EP
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
よみがな
太陽たいよう坂道さかみちをゆっくりとのぼころ
ぼくたちはいつもすれちがっていた

野球部やきゅうぶ朝練あされん 面倒めんどうくさいけど
いまぼく早起はやおきさえちょっとたのしい
こんのコートをてるちが女子高じょしこう生徒せいと
十字路じゅうじろまる自転車じてんしゃこいをしてる

いつのからだろう
った)
微笑ほほえんでくれた
おもみか)
おはようとおう
おどろいちゃうかな)
明日あした もしえたら…

太陽たいよう坂道さかみちをゆっくりとのぼころ
いつもよりもはやさかうえまでてしまった
このむねがときめいていそぎすぎたみたい
けばきみがこっちをていた

先輩せんぱいにバレちゃうとわせろとうから
きみのことはだれらないぼく秘密ひみつ
風邪かぜをひいたかなって すこ心配しんぱいをしてた
ながいマフラーくびいてマスクしていたから

きみ朝練あされんかな
何部なにぶなんだろう?)
バスケットでしょ?
(なんとなくね)
はなしてみたいな
勇気ゆうきして…)
かえりもいたいよ

太陽たいよう坂道さかみちをゆっくりとしずころ
ぼくはまだ学校がっこう練習れんしゅうわっていないよ
できるなら十字路じゅうじろ偶然会ぐうぜんあいたいけど
夕焼ゆうやけにはいそうもない

あさだけのこいのストーリー
そのさきすすめないんだ
十字路じゅうじろとおるそのたび
おもってる

太陽たいよう坂道さかみちをゆっくりとのぼころ
いつもよりもはやさかうえまでてしまった
このむねがときめいていそぎすぎたみたい
けばきみがこっちをていた

坂道さかみちきみ