1. 歌詞検索UtaTen
  2. 稲垣潤一
  3. 星降る二人歌詞

2002.1.23 リリース

「星降る二人」の歌詞 稲垣潤一

作詞
松井五郎
作曲
松本俊明
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
よみがな
季節きせつをめぐるかぜ
ほしひかり 部屋へやまねくよ
背中せなかからやわらかく
きみいていたい いま

こえるかい
きみんだぼくこえ

永遠えいえん一度いちどしか
めぐりえないひと
ときめきと ためいきが
きみだけ えらんだ

きっとあたらしいどこかで
たいせつななにかを
ふたりなら いつだって
つけられる かならず

いままでにしたこい
つかれた理由わけ ふたりていた
きずついた場所ばしょ かく
ことばなどいらない もう

えないけど
むすばれた気持きもちがある

永遠えいえん一度いちどだけ
おとずれる星空ほしぞら
さみしさを ゆるされる
やさしい 微笑ほほえ

たとえこれからの出逢であいを
すべてうしなっても
かまわない それでいい
きみがそばにいるから

こえるかい
きみひびむねおと

永遠えいえん一度いちどしか
めぐりえないひと
おもあこがれも
かぎりなくできる

きっとあたらしいどこかで
たいせつななにかを
ふたりなら いつだって
つけられる しんじてみないか

稲垣潤一の特集