1. 歌詞検索UtaTen
  2. 空気公団
  3. ハナノカゲ歌詞

2007.12.19 リリース

「ハナノカゲ」の歌詞 空気公団

作詞
山崎ゆかり
作曲
山崎ゆかり
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
そらなか飛行機ひこうきおとがして
記憶きおくんだときなつおもしました
ぼくはここでギリギリのいきをしながらも
わずかにえるなつもどっていました
きみあたまなかはしってとおくからりあげてる
ぼく意思いしとはちがうごきできみわらいかけて
だまってうごけないはなになる

みみおくぼくわらこえひびいて
バラバラになってくぼくはわからなくなるんです
日差ひざしのなかぼくうではもうとどかない
様々さまざまひかりぼくはなっていきます
ちいさくなったぼく姿すがただれ気付きづかなくていいんだ
きみなにかをのぞ気持きもちはててしまったから
だまってうごけないはなになる

あつ日差ひざ無口むくちかぜゆたかなはなかげ
ぼくおおきなこえしてばしていたんだ
だまってうごけないはなになる

はなのかげ/くうきこうだん

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:ハナノカゲ 歌手:空気公団

リンクコード:

ブログ用リンク: