1. 高円寺歌詞

「高円寺」の歌詞 竹原ピストル

2015/11/25 リリース
作詞
竹原ピストル
作曲
竹原ピストル
文字サイズ
よみがな
hidden
台風たいふうのくるくるが季節きせつ早送はやおくりしたんだろうか。
さすがにまだあついな、とおもいつつもカッコつけでていたかわジャン。
ちるなりのこの寒気かんきをまるで予言よげんしていたかのように、
結果的けっかてきにはちょうどいい塩梅あんばいにあったかいな。

今日きょうのことなのに
まるで昨日きのうのことのようにおぼえているよ

北口きたぐちから南口みなみぐちへ、南口みなみぐちから北口きたぐちへって、
いつまでもうろうろしているこっちもわるいけど、
うろうろするたび毎度まいどおなじおじょうさんから
キャバクラのポケットティッシュをわたされる。
これで一体いったい何個なんこだろうか。
よっぽどおれが"きそう"にえるのか?
よっぽどおれおぼえづらいかおをしているのか?
それともひょっとして、おれ風邪かぜをひくことを、それこそ、予言よげんしているのか?

今日きょうのことなのに
まるで昨日きのうのことのようにおぼえているよ

そんなこんなはありつつも、結局けっきょくいつも、いつものサウナにたどりつく。
ラジオでうたったあとあたましんからふにゃふにゃにしたくなって、
サウナにたどりつく。
"そこに必然性ひつぜんせいちており、尚且なおかつ、
蔑視べっしのニュアンスが微塵みじんもないならば、
どんな言葉ことばもちいてもいいのか?"とわれたならば、そのこた
はもちろんyes!だ。
それでいて"自分じぶんげてでも、自分じぶんをだましてでもつかみとりたいものがあるのか?"
われたならば、そのこたえもまたyes!だ。
もしうたいたいうたうたわせてもらえないなら、
はじめからなにうたいたくないって100%パーセント本気ほんきおもったそのときは、
なんのことはない、またプータローにもどるまでさ!!
って、うるせっつーの、とっととしんからふにゃふにゃになってしまえ。

今日きょうのことなのに
まるで昨日きのうのことのようにおぼえているよ

こないだカウンターでとなりわせた若者わかものに、
握手あくしゅしてください、一緒いっしょ写真しゃしんとってくださいって、
チヤホヤされているところをうっすらていたん
だろうな、鳥屋とりやのオヤジ、きゅうおれあつかいが丁寧ていねいになったじゃないか。
けっこうかよったし、そろそろおれ三角さんかくいが
出来できない人間にんげんだってことに気付きづいてくれているだろう。
一品いっぴんずつしてくれ!
一品いっぴんずつじゃんじゃんしてくれ!
かねはもってねーけどポケットティッシュはやまほどもってるぞ!

今日きょうのことなのに
まるで昨日きのうのことのようにおぼえているよ