1. 歌詞検索UtaTen
  2. 箕輪★狂介
  3. 徒花歌詞

2019.4.17 リリース

「徒花」の歌詞 箕輪★狂介

作詞
故・ぼくのりりっくのぼうよみ
作曲
故・ぼくのりりっくのぼうよみ
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
いつだってひとつしかえらべない
もうだれかのせいには出来できない
えらばれなかった未来みらい
かなしげにたたずんでいるんだ

間違まちがいだとっていても
そこにしかすすめない
いつか いつかむくわれるると
おもうのはもうめた
おもうのはもうめた
この一瞬いっしゅんすべてだとった

だれよりもさき未来みらいていた
どれだけの嘲笑ちょうしょうきずっただろう
だけとけたあとっていた
見上みあげたそらくろだった

一度いちどでもうしろをいたら
もうまえにはすすめない がした
れてるこころなにかをさけんでいる
ああ こえらしている

えたいとねがあさ
にたい真夜中まよなか
えて えて人生じんせいつづいていく
むなしさをみこんで
むなしさをして
えない自分じぶんいたみをつめた

このかべこわして そしてなにがある?
なにもない それでもぼくあゆもう
くらそらした んだ空気くうき
つめたさだけがのこっている

がれた何者なにものかに
ぼくいまなれたんだろうか?
だれにもゆだねられない
この世界せかい

にしたものから
らすように
またはしりだす

またはしりだす

どこにでもいける
ぼくらはどこにだっていける
ひらかれた世界せかい みだした
そこにはな
むすばなくても
人生じんせいつづいていく

見上みあげたそらくろだった

あだばな/みのわきょうすけ