1. 歌詞検索UtaTen
  2. 米津玄師
  3. フローライト歌詞

「フローライト」の歌詞 米津玄師

2015/10/7 リリース
作詞
米津玄師
作曲
米津玄師
文字サイズ
よみがな
hidden
きみまちまえぼくにくれたおまも
それがいまかがやいたまま きみたびていった
いま何処どこなにをしているかな 心配しんぱいなんかしていない
きみのことだからな

きみおもうよりもきみぼく日々ひびえたんだ
二人ふたりでいるよるやみが あんなに心地ここちいいなんて
この世界せかいのすべてをせばめたのは 自分自身じぶんじしんってことを
きみおそわったから

こわそうとおもえばまたたこわせてしまうものを
ぼくはまだこわれそうなほど 大事だいじにぎりしめている

フローライト こんなものが
世界せかい一番輝いちばんかがやいてえるのは
フローライト きっときみ
大切たいせつでいるなによりのあかしだろう

たしかめていたんだよぼくらは ずっとにはえないものを
ふいにそれはなにかをとおして ふたた出会であ

よるければのぼみち永遠えいえんつづ
素敵すてき魔法まほうあふれてる ぼくらはいまきている
それとおなじくらいにきみのことをしんじてるってことを
きみわらうだろうか

確証かくしょうなんてのはひとつもない でもねぼくまよわない
きみしんじたことなんだから ぼくにはそれで十分じゅうぶん

フローライト こんなものが
いているようにえるようなになるのは
フローライト いつかきみ
いていたかおをふっとおもすからだろう

説明せつめいがつかないぼくらの こんなこころすべとおして
いつだってきみわらえるような しあわせをねが

フローライト こんなものが
世界せかい一番輝いちばんかがやいてえるのは
フローライト きっときみ
大切たいせつでいるなによりのあかしだろう

たしかめていたんだよぼくらは ずっとにはえないものを
ふいにそれはなにかをとおして ふたた出会であ