1. 歌詞検索UtaTen
  2. 米津玄師
  3. 再上映歌詞

「再上映」の歌詞 米津玄師

2015/10/7 リリース
作詞
米津玄師
作曲
米津玄師
文字サイズ
よみがな
hidden
ここは劇場街げきじょうがい いくつもの映画えいが
ただひたすらうつしだす 退屈たいくつまち ひかりばかり目立めだ
壁一面かべいちめん広告こうこくなか
ぼくはそのひとつを えらびきれず ったままいる

かえおもふけけて やっとなにつけて 辿たどいたところで
それは子供こどものころにたものの ただ再上映さいじょうえい

「そんなうたでもぼくうたうさ 何度なんどでもかえし そのこたえを
たとえ世界せかいわらなくとも いつまでもさけぶよ そのこたえを」

ここは劇場街げきじょうがい 観客かんきゃくもまばら
それでもくるいなく 演者えんじゃうたひかりこうで
なつかしいような つまらないような
ただひたすらそれを うすぼんやりとときぎていく

ここできてるぼくかれとどうちがうのだろう?
なにもできないままで やるくただくちひらいて 日々ひびつぶぼく

「こんなぼくでもかぜされて 何度なんどとなく未来みらいはこばれてきた
きっといつしかぼくつづいて うたひと言葉ことばぐため」

やっと映画えいがわって せきってなおぼく
かれ台詞せりふがずっと あたまひび
明日あした多分たぶんこんな 今日きょうている毎日まいにち
かなしくなるくらいに わすれていく日々ひび
そうだぼくきているんだ
手垢てあかにまみれていようと

「そんなうたでもぼくうたうさ 何度なんどでもかえし そのこたえを
たとえ世界せかいわらなくとも いつまでもさけぶよ そのこたえを」