1. 歌詞検索UtaTen
  2. 米津玄師
  3. 打上花火歌詞

2017.11.1 リリース

「打上花火」の歌詞 米津玄師

iTunesで購入
曲名
打上花火
アルバム
BOOTLEG
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
あの見渡みわたしたなぎさいまおもすんだ
すなうえきざんだ言葉ことば きみうし姿すがた

かえなみ足元あしもとをよぎりなにかをさら
夕凪ゆうなぎなか 日暮ひぐれだけがとおぎて

パッとひかっていた 花火はなびていた
きっとまだ わらないなつ
曖昧あいまいこころかしてつないだ
このよるつづいてしかった

「あと何度なんどきみおな花火はなびられるかな」って
わらかおなにができるだろうか
きずつくこと よろこぶこと かえなみ情動じょうどう
焦燥しょうそう 最終さいしゅう列車れっしゃおと

何度なんどでも 言葉ことばにしてきみぶよ
波間なみまえらび もう一度いちど
もう二度にどかなしまずにむように

はっといきめば えちゃいそうなひかり
きっとまだ むねんでいた
ばせばれた あったかい未来みらい
ひそかに二人ふたりていた

パッと花火はなび
よるいた
よるいて
しずかにえた
はなれないで
もうすこしだけ
もうすこしだけ

パッとひかっていた 花火はなびていた
きっとまだ わらないなつ
曖昧あいまいこころかしてつないだ
このよるつづいてしかった

パッと花火はなび
よるいた
よるいて
しずかにえた
はなれないで

もうすこしだけ
もうすこしだけ

うちあげはなび/よねづけんし

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:打上花火 歌手:米津玄師

リンクコード:

ブログ用リンク:

米津玄師の特集

米津玄師の特集を全て見る