1. 歌詞検索UtaTen
  2. 米津玄師
  3. 雨の街路に夜光蟲歌詞

「雨の街路に夜光蟲」の歌詞 米津玄師

2015/10/7 リリース
作詞
米津玄師
作曲
米津玄師
文字サイズ
よみがな
hidden
ふるえていたのはきみぼくほう
まちのライトがあめらされてはじけるよる

ぼくらはただ大人おとなになりたくて 背伸せのびをして
チグハグな言葉ことばわしあって わらいあったんだ
二人ふたりでだったらけるよね 地球ちきゅうすみっこへ

だれらない約束やくそく
わしあってぼくあるいてくんだ
おおげさなほどにあいうたうよ
かなしいうたりつぶすように

曖昧あいまいつくりの間違まちがさがしみたいだった
なに間違まちがいでなにただしいかわからない

ぼくらはただ「これでただしいんだ」とつよがったけど
本当ほんとうはわかってたよ みちさきなにがあるのか
何度なんどだってちかっていま 地球ちきゅうすみっこへ

だれらない約束やくそく
かさなったにぎられた
馬鹿ばかにされたってあいうたうよ
きみとどこまでもけるように

さめないでって きえないでって
馬鹿ばかみたいにねがっているんだ
どこにだってけるんだって
ばればれのうそをついていた

だれらない約束やくそく
わしあってぼくあるいてくんだ
おおげさなほどにあいうたうよ
かなしいうたりつぶすように

えたいとき気持きもちいいとき
いつだってそばにいられるように
だれらない約束やくそく
つよまるあめながれないように

きみとどこまでもけるように