1. 歌詞検索UtaTen
  2. 織田裕二
  3. いちばん小さな島で歌詞

「いちばん小さな島で」の歌詞 織田裕二

1999/9/29 リリース
作詞
YUJI ODA
作曲
KAZUFUMI MIYAZAWA
文字サイズ
よみがな
hidden
いま きみこえこえなくて
あきらめかけていた なつ午後ごご なみのしらべに
れはじめた きみ横顔よこがおに ポツリとつぶやくように
はしゃいでた なつ浜辺はまべえがいた

はじけとぶ花火はなびなか 未来図みらいず夢見ゆめみ
微笑ほほえんでた 指切ゆびきりした だけどいま ひとりきりで

言葉ことばひとつくらいのこして かして
ぼくらは いまでも わらないなつ波間なみま
すこちかづいては もどって はなれて
もう一度いちど えたら
ゆめいましょう

ホラ いつのすなめて
かくしてたシート いまはどうしたか
たしかめにきたいね

だれもいないうみいえわすれられてた
なつがすぎて 人恋ひとこいしくて だけどきみはいなくて

明日あした れたらいいね なんてわらって
ぼくらはいまでもわらないなつ狭間はざま
いつか世界中せかいじゅうで いちばん ちいさなしまでいい
二人ふたりらそうよ

言葉ことばひとつくらいのこして かして
ぼくらは いまでも わらないなつ波間なみま
すこちかづいては もどって はなれて
ゆめいましょう