1. 歌詞検索UtaTen
  2. 織田裕二
  3. 思い出に吹かれて歌詞

「思い出に吹かれて」の歌詞 織田裕二

1995/12/6 リリース
作詞
工藤哲雄
作曲
都志見隆
文字サイズ
よみがな
hidden
ただっていれば 日付ひづけわってた
かえらなきゃいけないきみわけもなくめたりした

わりがることを おもいもしない日々ひび
きずつけあうことも平気へいき二人ふたりはもっとつよいとおもってた

おもかれて さまよう街角まちかど
いまさらやさしさをおぼえさせてゆく
おもながされ こころがきしんでく
つよひとなんてだれもいないね

もうったゆめえなきゃ駄目だめなのに
わすれてはいけないことが あるようでむねいた

いまならちがうのに なみだかちあえる……
素直すなおにつぶやける"自分じぶん"が 二人ふたりきた意味いみだとかんじてる

おもかれて みつめるそのさき
あらたなかたがあるとしんじている
もう一度いちどだれかを あいせるそのとき
むねのアルバムにそっとしまおう

おもかれて さまよう街角まちかど
もうすぐ朝焼あさやけがのぼはじめるよ
またいつかえたら 子供こどもだったねって
きみのリングてきっとわらおう