1. 永遠のきずな歌詞

「永遠のきずな」の歌詞 織田裕二

1994/9/7 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
そら見上みあげて
2ミリわらって
握手あくしゅしようときみった
れわたるに サヨナラなんて
せつなすぎないか

ちがこいした
ぼくゆるして
二人ふたり すれちがってきた日々ひび
いつも してあげたいことひとつ
さがせなかったよ

Oh No
ぼくのシャツのすそをつまむクセ
Oh No
にしないでと こえ
あかるい Wow

特別とくべつなひとと
はやづきたかった
すべてをれながら
きみきよらかなまま

きずつけたことを
おもいつづけるだろう
わかれてはじめて出来でき
きみぼくとの
永遠えいえんのきずな

土手どてにすわって
川面かわも つめて
わかれがたさにだまぼく
きみいたみや きみながした
なみだおもった

Oh No
いまはとてもヒドイやさしさを
Oh No
しつけてる おろかさ
じよう Wow

やりなおみち
あると おもいたかった
気持きもちがふさいでこま
ぼくは いまにあまえた

きずつけたほう
ふかきずつくのか
だれにもわないけれど
とぎれないだろう
サヨナラのきずな

最低さいていなヤツと
きつくわれたかった
はげしくもとめるひとの
あいぼくえらんだ

かなしませたこと
おもいつづけるだろう
つぐなえないつみだけが
けしてえない
永遠えいえんのきずな