1. 現在、この瞬間から歌詞

「現在、この瞬間から」の歌詞 織田裕二

1995/9/27 リリース
作詞
真名杏樹
作曲
都志見隆
文字サイズ
よみがな
hidden
あらいざらしの 陽射ひざしのなかで
ひとなみにはぐれそうな おまえをたよ
ひさしぶりだね どうしてた?
たのしいかおかなしいことを
とおうみへ ふたりきりで てにったのが
最後さいごだったね そういえば
がりくねる ながみちのりは
どこまでも つづくのだろう
だけど かすむハイウエイのこうで

ゆめがしずかに ちあがったよ
おまえはかぜ まちはしけて 現在いま
こころかぜ おれはわかってるよ
ガラスのフェンスにぶつかったとき
そっと いてやりたいけど
なみだ一人ひとりかわかすもんさ
だからおれ こえはかけない

時計とけいはりくしたように
毎日まいにち ちがうヤツにって おまえのことは
わすれたはずが なにしてた?
やっぱりおれまれたまんま
しつこいほど あつくなれる 自分じぶんでいれば
わらってられる そうおも
いつもそらながみちのりの
そのさきっているだろう
もしも きゅうなスロープでげれば

ゆめおれたち 馬鹿ばかにするから
昨日きのうかぜ うでをふりほどけば 現在いま
あしたのかぜ かみをなびかせるよ
地下ちかから地上ちじょうながれだすひと
おまえはもう えないけど 言葉ことばにならない
かがやきだけを そうさまた この瞬間しゅんかんから
おまえはかぜ こころかぜ