1. 歌詞検索UtaTen
  2. 荒牧陽子
  3. 雫歌詞

2009.8.26 リリース

「雫」の歌詞 荒牧陽子

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
一粒ひとつぶあいもとめたeverytime
あなたのこえとどかない
どこまでもふかちた水面みなも
最後さいごゆめてる
ひかりのないやみなか
日溜ひだまりがつづいてく
ただそれだけのこと
あなたにはまぶしくて
それでもそら見上みあげてた
人並ひとなみの明日あすもとめたけれど
ふるえるこえうばわれて
だれよりもつよこいねがうから
あふれるおもたく
ただ「わたしことつけて・・・」
しんじてた人々ひとたち
一粒ひとつぶあいもとめたeverytime
あなたのこえとどかない
どこまでもふかちた水面みなも
最後さいごゆめてる
ひかりのないやみなか
日溜ひだまりがつづいてく
ただそれだけのこと
あなたにはまぶしくて
それでもそら見上みあげてた
人並ひとなみの明日あすもとめたけれど
ふるえるこえうばわれて
だれよりもつよこいねがうから
あふれるおもたく
ただ「わたしことつけて・・・」
しんじてた人々ひとたち
もうここへもどらない
とおくまでひびいてく
あなたのしょうちのあと
まわりのひととは
ちが景色見けしきみてたあなたのひとみ
うつすのはかなしみとか
にくしみじゃなくて
一粒ひとつぶあいもとめたeverytime
あなたのこえとどかない
どこまでもふかちた水面みなも
最後さいごゆめてる
ただ「わたしことつけて・・・」

しずく/あらまきようこ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:雫 歌手:荒牧陽子

リンクコード:

ブログ用リンク: