1. 歌詞検索UtaTen
  2. 西脇唯
  3. "彼女"になりたかった日歌詞

「"彼女"になりたかった日」の歌詞 西脇唯

1998/7/1 リリース
作詞
西脇唯
作曲
西脇唯
文字サイズ
よみがな
hidden
ちいさなころからなまいきだとか つめたいとかわれて
そんなふうにしか自分じぶんのことを おもえなくなっていた

くつずれができたあのにそっと したバンドエイド
あなたがはじめてってくれた 「やさしいとこあるじゃん」

アカンベーをして まとわりつく あのがまぶしかった
うでをくむ二人ふたり えないように いつもまえあるいた

あのにはなれないけれど "彼女かのじょ"にはなれるがした
しいこいはつらぬかなきゃ ふりかえらない
少年しょうねん大人おとなになって わたしのすぐとなりにいる
ながなが片思かたおもいは やっととびらをあけたの

胸元むなもとのめだつ洋服ようふくなんて わざとないようにした
仲間なかまかけるときは いつでもしわしわシャツてた

呼捨よびすての名前なまえ くるまはなし まるでおとこみたい
あたまのうしろにがついてる そんなカンジの毎日まいにち

そのくせちゃんと カバンのなか「さいほう道具どうぐ」をれて
なさけないほど あなたを無視むしして だれかとふざけあっていた

あのにはなれないけれど "彼女かのじょ"にはなれるがした
しいこいおもみも たいせつな武器ぶき
しんじることをやめたとき 魔法まほうはすぐにえるから
こい歴史れきしのエピローグ わたしだけだとねんじる

遊園地ゆうえんち くと おもす…
みんながあなたやあのえてくるから

あのにはなれないけれど "彼女かのじょ"にはなれるがした
しいこいはつらぬかなきゃ ふりかえらない
少年しょうねん大人おとなになって わたしのすぐとなりにいる
ながなが片思かたおもいは やっととびらをあけたの