1. あの場所から歌詞

「あの場所から」の歌詞 西脇唯

1994/7/21 リリース
作詞
西脇唯
作曲
西脇唯
文字サイズ
よみがな
hidden
かけぬけるかぜなか あなただけつめてた
すぎた日々ひび ぎさるように おもいだけがちつくしてた

ドロップのようなつけた並木道なみきみち
わらったあの場所ばしょへと いま かおける

かなしいくらいきずついても かなしいくらいはなれてても
おななみだながせるのは ずっとあなたしかいないから
きたいくらいおぼえている きたいくらいかがやいてる
黄昏たそがれがふりそそぐまちを どこまでもあるいたあの

花束はなたばにつつまれるこいならばよかったね
平凡へいぼんらしだけにあこがれたなら こわさなかった

ポケットにれたれてしまったけど
たったひとつはじめられる この 気持きもちだけは

かなしいくらいはぐれたけど かなしいくらいまよったけど
うしなうものはなにもなくて やっと本当ほんとうひとりになった
きたいくらいはなしたくて きたいくらいつたえたくて
最初さいしょ言葉ことばさがしてる ゆめのようにあなたにえて

まっすぐにのびる視線しせん まっさらなほほえみで…

かなしいくらいきずついても かなしいくらいはなれてても
おな笑顔えがおでうなづくのは ずっとあなたしかいないから
きたいくらいおぼえている きたいくらいかがやいてる
黄昏たそがれがふりそそぐまちを どこまでもあるいたあの