1. 歌詞検索UtaTen
  2. 諫山実生
  3. 春歌詞

2004.3.24 リリース

「春」の歌詞 諫山実生

iTunesで購入
曲名
アルバム
春のかほり
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
すみれ小道こみち かれてある
あのころぬくもりが むねもど
はるたら いえるとけた
だまってそっと 背中せなかしてくれた

いままで一度いちどだっておもいもしなかったけど
あなたがることがこんなにも
心強こころづよこと 嗚呼ああ やっとかった

雪解ゆきどけのはじまる このまちはなれて
車窓しゃそううつゆめとびらけた

わってゆく景色けしき戸惑とまどわたしがいる
自分じぶんめたことなのに 何故なぜ
かなしいのだろう… 嗚呼ああ さびしいのだろう…

いつもとおなよう見送みおくいとしいひと
あなたが見守みまもってくれるから
いまがあること 嗚呼ああ わすれないから

どんなときにもずっとしんじていてくれた
その眼差まなざしにかれて わたし巣立すだ

はる/いさやまみお

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:春 歌手:諫山実生

リンクコード:

ブログ用リンク: