1. 歌詞検索UtaTen
  2. 遊佐未森
  3. 暮れてゆく空は歌詞

1992.11.1 リリース

「暮れてゆく空は」の歌詞 遊佐未森

作詞
工藤順子
作曲
外間隆史
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
いしげたくなって 川原かわらりたら
きみはしうえ自転車じてんしゃぎて
いかけたりしたら 夕暮ゆうぐれのそら
きみがそのまままれてゆきそう

そんながして こえ
そんながして こえ

れてゆくそら
もどらない季節きせつのようで
さびしいけれど
いつもきれい

はしこうにえる ちいさな鳥居とりい
かぜいて くされているあのあたり
子供こどもころきみが ひざをかかえているよ
わらいこらえじっとかくれてる

そんながして ぼくわらった
そんながして ぼくわらった

ながれてくかわ
かないこころのようで
さびしいけれど
いつもきれい

れてゆくそら
手離てばなした言葉ことばのようで
さびしいけれど
いつもきれい
とてもきれい

くれてゆくそらは/うさみもり