1. さよならを過ぎて歌詞

「さよならを過ぎて」の歌詞 酒井法子

1990/3/21 リリース
作詞
来生えつこ
作曲
前田克樹
文字サイズ
よみがな
hidden
突然とつぜんのスコールが いちめんにけた
あなたが かすんで なぎささがしたわ
雨雲あまぐも太陽たいようと あなたまでると
そのとき 不安ふあん予感よかんがはじけてた

たそがれの キスの角度かくど なみにかかと
およいでた あいもゆらぎつつ

なやんだすえ なやんだすえ あなたは言葉ことば
えらびあぐね 日差ひざしのなか うつむいただけで
うなずくまで うなずくまで わたし覚悟かくご
れるうみに もまれるよう
さよならの 文字もじされてた

あきなつをやさしく ころしにるスパイと
だれかが ってた つらいたとえばなし
けれどいまおだやかに くもいろながめてる
ミクロに おも そらへとえてゆく

これでいい かせて こころにまだ
スコールが 時折ときおり

れていくと れていくと 季節きせつねがって
なみだがふと ちてくるの たそがれがにく
あなただって あなただって おおきな覚悟かくご
えらんだのね さみしい
うつむいた あのなつおわ

ほんの二度にど 電話でんわのベル ながいコール
わかってる だけどとどめだわ

なやんだすえ なやんだすえ わたしもさよなら
えらんだのよ だからいまあきけないで
あなただって あなただって おおきな勇気ゆうき
えらんだのね さみしい
うつむいた あのなつおわ